地元の不動産売却のお手伝い

ふじみ野市不動産センター

市外の物件もお任せ下さい!

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

メールはこちらから

営業時間:9時〜19時 水曜日定休

気軽に事前相談ができる
地元の不動産会社です!

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

しつこい営業は
一切ありません

9時〜19時 水曜日定休

メールはこちらから

よくあるご質問

Q売却を考えていますが、まずは何から始めたらよいでしょう?

Aまずは売却の事前相談をしていただくのがおすすめです。特に買い替えご希望の方には、資金面から「できる方」と「できない方」がいますので事前の判断が必要です。
当社では、そんな相談の場として『事前相談会』を行っています。もちろん、電話でのご相談もお受けしています。

Qいくら位で売れるかの目安はありますか?

A当社ホームページ内に『地域の取引事例』ページがありますので、それを参考にしてください。エリア以外の物件につきましては、別途調べますのでお問合せください。

Q実際に訪問査定する際にはどのくらい時間がかかりますか?

A現地での確認は30分くらいで済みます。

Q訪問査定の際に何か用意するものはありますか?

A以下のものをご準備いただくと助かります。
・登記簿謄本
・公図
・測量図
・間取図
*無くても査定はできます
またその際に、その物件のアピールポイントや買主様に告知すべき事があれば聞かせていただき、査定の参考にいたします。

Q売却にかかる諸費用はどんなものがありますか?

A一般的には下記の費用がかかかります。
・必ずかかるもの:契約書印紙代、仲介手数料
・場合によってかかるもの:抵当権抹消費用、住所移転登記費用、境界明示費用
物件により一概には言えませんが、大まかな目安として売買価格の4~5%とお考えください。また、売却によって大きな利益が出た場合には、翌年に譲渡所得税も課税されますのでお気をつけください。

Q売買代金はどのタイミングで入りますか?

A契約時の手付金と決済時の残金との2回に分けて受領します。手付金は通常50万円~100万円位になることが多いです。売主様と買主様の事情を考慮して契約前に決定します。

Q賃貸中の物件でも売却はできますか?

A可能です。現在の賃貸借契約を引き継ぐ条件で売却をします。

Q3つの媒介契約(依頼方法)にはどんな違いがありますか?

A【専属専任媒介】
不動産業者1社のみに売却を依頼し、他の業者には重ねて依頼できない契約です。
依頼主は自分自身で購入者を見つけた場合でも、その業者を通して契約することになります。不動産業者は依頼主に対して、1週間に1回以上の売却状況の報告義務が生じます。

【専任媒介】
専属専任媒介と同じく不動産業者1社のみに売却を依頼し、他の業者には重ねて依頼できない契約です。
しかし、依頼主は自分自身で見つけた購入者とは業者を通さずに契約することができます。不動産業者は依頼主に対して、2週間に1回以上の売却状況の報告義務が生じます。

【一般媒介】
複数の不動産業者に重ねて売却を依頼することができる契約です。
依頼主は自分自身で購入者を見つけ、契約することもできます。
不動産業者から依頼主に対しての報告義務は特にありません。

Q媒介契約締結後に事情があって売却を中止する場合に仲介手数料はかかりますか?

Aかかりません。当社では何らかの事情で最終の決済・引渡しが行われない場合は仲介手数料を受け取りません。また、それまでにかかった経費も一切ご請求しません。

Q売り出し価格はどうやって決めるのですか?

A当社の査定価格を基にお客様のご事情を考慮しながら、売り出し価格を提案させていただき、最終的にはお客様にご判断いただきます。

Q売却する物件に住みながら売り出すことはできますか?

Aもちろん出来ます。中古物件の多くは住みながら売却を進めていることが多いです。

Q購入希望者はどうやって見学に来るのですか?

A双方の不動産業者が事前に希望日時を調整し、どちらかの担当者同伴のうえで見学が行われます。購入希望者が突然訪問することはありません。売主様が共稼ぎであったり、と見学を受け入れる曜日等が限定されている場合は、事前に教えていただければそのように調整します。

Q見学の際は何をすればいいですか?

A物件をアピールするためには第一印象がとても大事です。事前に、簡単なお掃除や窓を開けての換気をお願いいたします。
また購入希望者から、近所のことや環境のこと、物件のこと等々の様々な質問が出ることがありますので、ご協力をお願いいたします。『売却のヒント』ページもご参照ください。