地元の不動産売却のお手伝い

ふじみ野市不動産センター

売主様の味方になります!

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

メールはこちらから

営業時間:9時〜19時 水曜日定休

市外の物件も
お任せ下さい

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

しつこい営業は
一切ありません

9時〜19時 水曜日定休

メールはこちらから
第23回

土地を売却する際には、必ず測量を行う必要がありますか?

結論から言えば「測量を必ずしなければならない」という決まりは無いです。必要なのは、測量図自体が存在していない、そもそも測量をしたことがない、測量図は存在するが古い、境界があいまい、そんな場合です。最近では、隣地との境界トラブルを避けるために、境界を確定して測量を行ってから引き渡しをするケースがとても多いです。

測量する場合は土地家屋調査士という資格を持った人に依頼することになり、二通りの測量方法があります。一つは確定測量といって、その土地に接する全ての隣地所有者に立ち会ってもらった上で、境界を確定してから測量する方法。もう一つは現況測量といって、特に隣地所有者の立会いは求めずに現存する境界標(ブロック杭や金属プレート)を元に測量を行う方法です。

費用は、一般的な30坪程度の土地の場合、確定測量なら30~40万円位なのに対し現況測量は20~30万円位です。隣地所有者の立ち会いが無い分、現況測量の方が安く済みます。

我々不動産業者は土地の売却を依頼されると、まずは法務局に登録された測量図を確認してから新たに測量が必要か否かを判断し、初めの段階で売主様に予算化を依頼します。また測量では関係者とのスケジュール調整等で完了まで1~2ヶ月の時間が掛かることもありますので、それも考慮しておく必要があります。