地元の不動産売却のお手伝い

ふじみ野市不動産センター

売主様の味方になります!

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

メールはこちらから

営業時間:9時〜19時 水曜日定休

市外の物件も
お任せ下さい

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

しつこい営業は
一切ありません

9時〜19時 水曜日定休

メールはこちらから
第8回

売却する際にはリフォームしてから売った方がいいですか?

以前もこの話題に少し触れましたが、空家・空室の状態で売りに出せる方の場合に、「少しリフォームしてから売りましょう」とご提案することが多いです。理由はリフォームに掛けた費用以上に高く売れるケースが多いからです。

買う側の立場になってみると良く分かるのですが、内見の時の『第一印象』というのがその後の判断のとても重要な要素になってきます。特に気になると言われる、たばこやペットの臭いやその家の生活臭、そして女性は水回りの汚れを気にする方がとても多いです。それらが気になって「事前にリフォームしたい」と感じてしまうと、それだけで購入に後ろ向きになってしまいます。

ただリフォームと言っても、自分が快適に暮らすためのものではなく、高く売ることが目的のリフォームですので、多くの費用を掛ける必要は無いと思います。例えばクロス・畳・襖等で特に汚れが目立つ部分の張り替え、カギ・照明等の簡単にできる設備の補修、そしてハウスクリーニング程度で十分だと思います。これにより、第一印象が格段に良くなり、思った以上の条件で売れる可能性があります。

ただし建物自体が古かったり、リフォームすべき箇所が多く費用が多額になりそうな場合には、現状渡しを条件にして売りに出し、事前に余計な手間や費用を掛けない方が良い場合もあります。