地元の不動産売却のお手伝い

ふじみ野市不動産センター

売主様の味方になります!

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

メールはこちらから

営業時間:9時〜19時 水曜日定休

市外の物件も
お任せ下さい

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

しつこい営業は
一切ありません

9時〜19時 水曜日定休

メールはこちらから
第4回

空家にして売るか 住みながら売るか、どちらが良いでしょう?

住み替えを考え始めた人の相談会で、時々この質問が出ます。結論から言えば、引っ越して空家にしてから売りに出した方が売りやすくメリットもあると言えます。

理由は、見学者側からすれば空家の方が気を遣うことなく内見できるので、まず見学希望者の数自体が増えるということがあります。内見の際にも、まだ居住中で所狭しと家具や物が置かれている状態よりも、空家で何も無い方がすっきりと広く見えますし、気になる生活臭が無いことも大きいです。

また空家の場合は、簡単なリフォームをしてから売りに出すことが出来るというメリットが大きいと思います。内見では第一印象がその後の購入決断を大きく左右すると言われ、一般的には掛かったリフォーム代以上の高い価格で売却できるケースが多いです。

しかしここで重要なのは、空家で売ることが「出来る人と出来ない人がいる」ということです。これはローンの残債やお客様の住み替えの事情によってさまざまですが、出来ない場合には「住みながら売る」という選択肢を取らざるを得ません。

なので、住み替えを考え始めたら、まずは資金計画を考えながら、どういう段取りで住み替えを進めるのかをよく検討し、その中で空家にしてから売るのか?住みながら売るのか?を判断することが重要になってきます。