地元の不動産売却のお手伝い

ふじみ野市不動産センター

売主様の味方になります!

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

メールはこちらから

営業時間:9時〜19時 水曜日定休

市外の物件も
お任せ下さい

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

しつこい営業は
一切ありません

9時〜19時 水曜日定休

メールはこちらから
第3回

売るべきか貸すべきかを迷っています。どちらが良いでしょう?

売却を考え始めた人が必ず一度は迷うのがこの選択です。以前のように、人口が増えて地価が上がっていた時代ならば、毎月の家賃収入で豊かに暮らし、将来売っても儲かる。という考え方がありました。

しかし今の日本を見てみると、完全に人口減少時代に入り、そうなればこの先土地は余っていくことが予想され、地価も上がることは考えにくい時代となりました。そんな状況からすれば、机上の計算だけで毎月の家賃収入を当てにして安易に賃貸に出す、というのはちょっとリスクがあるのではないかと思います。

当然ながら入居者がいない間は家賃収入はありません。それでも税金や管理料は払う必要がありますし、入居者が変わるごとに修繕費やハウスクリーニング代を負担をしなければなりません。またこんな時代ですから、滞納や夜逃げ等の最悪のリスクも考えておかなければなりません。

なので、相談会でこの質問をされた時には「将来またそこに住む」とか「息子さんに相続したい」等の所有しておきたい理由があるのかどうかを必ず尋ねます。ここが判断のポイントだと思います。所有したい明確な理由があるのなら、損得勘定をあまり考えずにその時期まで賃貸に出してみるという判断になるでしょう。そうでないのなら、放置しておくよりは売ってしまって現金化した方が良いのではないか?とアドバイスすることが多いです。