上福岡駅・ふじみ野駅での家探しなら

納得できるマイホーム購入のお手伝い

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

メールはこちらから

営業時間:9時〜19時 水曜日定休

気軽に事前相談ができる
地元の不動産会社です!

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

しつこい営業は
一切ありません

9時〜19時 水曜日定休

メールはこちらから
第10回

新築と比べて中古住宅のメリット・デメリットは何ですか?

一番のメリットはやはり新築に比べて価額が安いということでしょう。中古ですからこれは当然のことですが、加えて新築の場合は業者側の販売コストを乗せた価額となるのに対して、一旦個人所有になればその分は無くなるので、より割安感が出てきます。また、特定のエリアで探している方にとっては、選択肢が広がるという大きなメリットもあると思います。

デメリットとしては保証面が挙げられます。 新築は業者が売主になるケースがほとんどで、法律で決められた基本構造部分の10年保証をはじめ業者ごとの独自の保証があります。これに対して中古では個人が売主になることが多いです。原則は現状引渡しとなりますので保証面ではあまり期待はできません(雨漏り等の重大な問題については2~3ケ月に限り売主負担を条件にすることは多いです)しかし中古の場合は、過去に住んだ実績があるわけですから「保証は無くてもその分安心」ということが言えますので、必ずしもこれはデメリットとは言えないのかもしれません。

ただし築20年以上の中古住宅の場合は少し注意が必要です。 所得税の住宅ローン控除は築20年以内の家屋が条件ですし場合によっては購入した翌年に不動産取得税を請求されるケースも出てくるからです。