上福岡駅・ふじみ野駅での家探しなら

納得できるマイホーム購入のお手伝い

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

メールはこちらから

営業時間:9時〜19時 水曜日定休

気軽に事前相談ができる
地元の不動産会社です!

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

049-269-1076

しつこい営業は
一切ありません

9時〜19時 水曜日定休

メールはこちらから
第8回

44歳でも、まだ住宅ローンを組めますか?

先月の相談会にお越しになったM様、ご主人が今年44歳になるので「まだ住宅ローンを組めますか?」というご相談でした。

住宅ローンは通常「最終返済年齢80歳未満」という条件になっていますので、計算上では44歳でも35年ローンをギリギリ組めるということになります。しかし現実的には、将来の定年が65歳になったとしても80歳までの15年間をどう支払うのか?という問題に直面します。

もちろん65歳の定年時に完済できるのが理想ではありますが、中には既に計算上難しい方もいらっしゃいますので、そんな方に私は「70歳で返済終了する予定で支払額を算出してみて、それで無理が無いかどうか?」を検討してもらうことが多いです。

つまりM様の場合であれば、26年ローンにて検討するということになります。その位であれば、おそらく定年時には借入金の元金もかなり減り、退職金の一部を使えば十分完済ができて、その後はローンの心配をせずに老後を送れるのではないかと思うからです。

いずれにしても、先月号にも書いたように、住宅ローンは30年、35年と長く付き合っていくものですから、開始する適齢期を意識してマイホームを考えていく必要があると思います。